昔から寝る子は育つと言われていますが、寝る時に出る成長ホルモンに関係してくる様です。

良い睡眠が取れると背が伸びる様ですが、睡眠時間だけではなく質が大事になります。

今回睡眠時間と身長について調べてみました。

高校生 睡眠時間 足りない 身長

睡眠時間と身長の関係性

睡眠にはレム睡眠・ノンレム睡眠がありますが、背が伸びると言われている成長ホルモンは、寝始めが1番深く寝られる為、寝始め2・3時間が多く出る様です。

その後、レム睡眠・ノンレム睡眠を1時間半周期で繰り返します。

成長ホルモンは、深く寝ている時にしか出無い為、深く寝られる時間が多いと成長ホルモンが出て、背が伸びる事に繋がります。

今の時代受験生だけでは無く、スマホの普及から多くの学生が睡眠不足になっている様ですが、睡眠不足は、身体・脳に様々な影響が出てしまいますし、身長が伸びなくなってしまうので、身長が伸びずに悩んでいる人は、睡眠時間を少しでも延ばしてみるのが良いかもしれません。

時間だけでは無く、ゆっくり深く寝られる様に、睡眠1~2時間前には食事を済ませ、お風呂に入ってリラックスするのも良いとされています。

そして、寝る前にスマホやゲームをしないで横になるのが重要です。

寝る前にスマホやゲームをすると、目が冴えてしまって寝られなくなってしまうので、寝る前は、音楽を聴いたり・読書をしたり脳を興奮させない様に気を付けて良い睡眠が取れるようにして欲しいと思います。

1度昼夜逆転してしまうと戻すのが大変になってしまうので、生活リズムを壊さない様にして、疲れの取れる質の良い深い睡眠を取れると、身長が伸びる成長ホルモンの分泌も多くなります。

短時間睡眠は受験の時や限られている時にだけの方が良いと思います。

短時間睡眠を長く続けると身体・脳に影響が出て、体調を壊し鬱になりやすい為、日常生活が上手く送れなくなってしまいます。

質の良い睡眠が確保出来る様に、寝る前・食事・体を動かすなど1度見直し、何が良いか悪いか考えるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

高校生になると、自分で出来る事が増え、周りとの繋がりも増えてきますが、睡眠時間が短いと身体・脳に影響が出てきてしまい、身長も伸びなくなってしまいます。

成長ホルモンの分泌を促す行動をする事で、心も身体もちゃんと成長していくと思うので、質の良い睡眠確保が出来る様に考えてみましょう。

睡眠は、自分が思っている以上に体に色々な影響が出るのを理解して欲しいと思います。

スポンサードリンク