高校生の時、1度は一人暮らしに憧れませんでしたか?

私は同級生で一人暮らししている人を大人に感じましたし、羨ましかったです。

でも、実際一人暮らしをするとしたら、全てを自己責任出来る自信があって、ちゃんと行動出来る人だと思います。

何でも一人でする・・・と言うのは想像以上に大変な事ですが、実際経験しないと分からないのが現実ですよね。

今回一人暮らしに掛かる賃貸費用の割合を調べてみました。

高校生 一人暮らし 割合 費用 賃貸

一人暮らしに掛かる賃貸費用の割合

一人暮らしをしたい!と思った時、まず始めに家を借りなければいけません。

少し前は、家賃を月収の3分の1位と言われていましたが、今は4分の1位で借りた方が良いとされています。

何故かと言いますと、その人によりますが月収15万としたら、家賃が4万円台として、生活費が約10万円でも、余り余裕が無いギリギリな感じになってしまいます。

月の生活費は食費・健康保険・年金・公共料金(電気・ガス・水道)通信費(電話・ネット)娯楽費(ショッピング・趣味・習い事)交際費・雑費など大体10万円位になる予想です。

もしかしたら、それ以上になってしまう人も居るかもしれません。

仮に4万円台の家賃の所を探したとしたら、最初に必要になる費用は、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険・保証会社・室内クリーニング代・鍵交換代など色々掛かるので、30万~40万近く掛かると思っておいた方が良いと思います。

今は敷金・礼金0と言うところがありますが、そこにもメリット・デメリットがあるので気をつけた方が良いです。

メリットは最初の費用が安くすむ事です。

デメリットは解約時、壊れた所などあると、最終費用が敷金以上になる時もある事です。

敷金は、借りる時に家主さんへ保証の費用で、家賃の2か月分が一般的です。

礼金は、家主さんへ感謝の費用で、こちらも家賃の2か月分が一般的です。

これが、物件の所に書いてある、敷金2礼金2と言うものです。

ここに前家賃1で合計家賃5か月分が掛かります。

仮に4万円として20万円になりますね。

ここに先ほど伝えた他の費用をプラスすると、合計30万円以上になります。

そして、その家賃に管理費が含まれているのか別なのかもあります。

家賃4万円(管理費込み)なのか、家賃4万円(管理費5000円)←合計4万5000円です。

賃貸費用は最初に色々掛かるので、よく考えましょう。

でも、借りてからも色々出て行く費用は多いです。

スポンサードリンク

まとめ

高校生の時は、早く家を出たい!と思う事が多いと思いますが、賃貸費用は自分が思っている以上に多いと思います。

最初に親に出してもらうと思っているなら、就職して返す気持ちでお願いしましょう。

そして、毎月どれ位費用が掛かるのかを紙に書いて、自分の中でイメージして、減らせる所は減らしましょう。

お金を貯めたい!と思っているなら実家が良いかもしれませんが、一人暮らしをする事で、自分で全てする事の大変さも知る事が出来ますし、自己管理が出来る様になるのも成長の一つだと思います。

一人で生活出来る様になった時、自分の中で少し大人になったと思えるかもしれませんし、周りから認められる様になると自信が付くと思います。

想像だけで出来ないと諦めず、何でも経験し学ぶ事が大事です。

失敗しても、そこから学ぶ事が出来るので、失敗を恐れず頑張って下さい。

スポンサードリンク