高校時代は青春真っ只中ですよね!

大人になると「できる事ならもう一度戻りたい」と思ってしまう事もしばしば。

色々な事を学びたい高校生にとって留学も勿論そうですね。

高校生が留学や青春に関して思う事、後悔した思い出などを調べてみましょう。

 青春 留学 高校生 後悔

高校時代は青春!

 「青春」という言葉はよく聞きますよね。

では青春とはどんな事を指すのかご存知ですか?

青春とは人生で言うと春に例えられ、希望を多く持ち夢に向かって頑張っている時期です。

まだ現実をあまり知らなくて、憧れが多いのも青春ですね。

そう考えると、中学生や高校生のようにまだ社会に出ていなくて、現実的な苦労などをあまり経験していない時期と言うのはやはり青春です。

現実を知らないと言う事は、夢を見ていられる時ですからね。

スポンサードリンク

留学とそれにまつわる後悔の気持ち

 留学をしてみたいと思う高校生は多いと思いますが、全てがそれを実現できているわけではないのはなぜなのでしょう?

「外国に短期間でもいいから留学して勉強したい!」と思っても、なかなか思うだけで言い出せなかったり、親から反対されたりと実現できない原因はいくつか思い当りますよね。

言い出せないだけでなく「留学は興味があるけど実行に移す勇気がない」と言う事も多そうですね。

やはり、全く無知の遠い国に短い期間でも滞在するのですから不安な気持ちは分かりますね。

不安や言い出せない事が原因で、結局留学はできなかったと言う思い出は、社会人になってから外国人と接する機会があった場合などに思い出したり後悔するんです。

その時に「あの時に留学をしていれば・・・」と少しだけ後悔してしまうケースはあるんですよね。

親を説得する事が出来ない場合は難しいですが、自分の気持ちの迷いだけでしたら、勇気を出した方がいいかもしれません。

まとめ

青春は1度だけ、と決まったわけではないですが、若い学生時代は1度だけです。

学ぶ事は大人になってもできますが、若さは付いてきません。

若くて、吸収も早く、将来の可能性は無限の高校生時代はよく考えて充実させてほしいです。

スポンサードリンク