高校生って若くてとても元気です。

誰か一人でも友達が集まれば大きい声でお祭り騒ぎ。

でも、そんな高校生のおしゃべりに迷惑している大人たちもいることを知っていますか。

高校生がうるさくて困った事例について、電車と教習所での出来事をもとに紹介するので、高校生のみなさんは自分もあてはまるものがないかチェックしてみてください。

電車 教習所 高校生 うるさい

電車の場合

電車での迷惑行為として、朝の通勤通学のラッシュ時に満員電車の中で大きな声で話す、電車で友達と大きな声で電話をする、皆で携帯ゲームをして騒ぐ、下校時の電車の中でお菓子を食べながら話す、席が連続で空いていなくて離れた席で席を挟んで話すなどがありました。

どれも電車でよくみる光景です。

自分が大人になって高校生はうるさくて迷惑だと感じるように、高校生の頃から電車の中では静かにするという暗黙のルールがあることを高校生には理解してほしいです。

教習所の場合

卒業式間近の教習所には高校生が大勢います。

よく起こる困ったこととして、待合室でガヤガヤ騒ぐ、買い食いをしていて匂いがきつい、テレビを皆でみて笑い声がうるさいなどが挙げられます。

ひとつでも当てはまった人は、迷惑に感じている人がおそらくいるので気をつけてください。

スポンサードリンク

高校生がうるさい時の対策

うるさい時の対策として多いのが、音楽を聴いたり、携帯のゲームをしたりして音を遮断する方法です。

視覚に入ってくるのも迷惑な人は、電車の席を移動したり、教習所では空き時間を外に出て過ごしたりして対策している人が多いです。

まとめ

うるさくしている方はおしゃべりに夢中になって意外と自分がうるさいということに気づいていないものです。

たまには、周囲を見回すようにして、自分の行為で迷惑を受けている人がいないか確認してください。

そして、迷惑そうにしている人がいたら、自分の声のボリューム、話の内容など、客観的にみてみる視点をもつことをおすすめします。

スポンサードリンク