青春真っ只中の高校生時代。

まだまだ若く病気なんて自分の身に起こるわけがないと思って過ごしている人がほとんどです。

ですが、友達や親戚など身近な人で若くして重い病にかかってしまう人もいます。

そうなると、自分の健康が気になってきます。

高校生で、白血病や癌になってしまう可能性はどれくらいなのか、その確率を知るだけでもずいぶん気持ちが楽になります。

今回は高校生で白血病や癌になる確率について調べてみました。

白血病 癌 高校生 確率

高校生で白血病にかかる確率は

白血病は一言で説明すると、血液の癌です。

とても稀な病気で白血病にかかる確率は低いです。

急性リンパ性白血病・慢性骨髄性白血病は10万人に1人の割合で、最も多いとされる急性骨髄性白血病でも10万人に6人の割合です。

この結果から、ものすごく低い確率だということがわかります

そして、白血病にかかる年代で多いのは幼児・高齢者が多く、高校生を含む10代であれば確率はもっと下がります

スポンサードリンク

高校生で癌にかかる確率は

癌になる原因には、加齢・喫煙・飲酒・ストレス・睡眠や栄養不足など様々な要因が蓄積されることで起こります。

また、癌と一口に言っても、胃がん・膵臓癌・肝臓癌・膵臓癌・乳癌などいくつもの種類があるので、確率は一概には言えません。

しかし、高校生で癌になる確率は総じて低いということは言えます。

例えば、胃癌や大腸癌の場合は過剰な喫煙や飲酒が大きな原因と言われているので、高校生では喫煙や飲酒は日本の法律で禁止されていることから、なる確率は下がります。

ただし、確率が低いからと言ってならないわけではないので、心配な点があれば医師の診断を受けることをおすすめします。

まとめ

高校生で白血病や癌になる確率は極めて低いことがわかりました。

ですが、現代は食の欧米化や放射線の問題、化学物質や添加物を含む食事、大気汚染など、生活が便利になるにつれて、人体に悪い影響を及ぼす原因も増えています。

そのような時代に生きている若者は、普段から自分の生活が健康なものか考えて行動するようになってもらいたいです。

スポンサードリンク